知っておくべき新しい暮らしを始める前に確認して欲しいこととは

LINKS

コストパフォーマンスを考える物件


私は、今回が引越をするのが初めてなので、何度か引越しを経験している友人に頼んで不動産屋に一緒についてきてもらったのです。物件を探していて最も気になるのはその価格です。
価格が許せるのならいくらでも広い間取りの部屋を狙うことができますが、できるだけコンパクトにまとめたいと思ったので、ほどほどのサイズの部屋で安めの価格設定となっている物件を探したのです。
いくつか候補が挙がり選択することになったのですが、すぐに友人が指摘したのは、エアコンがついていない物件の方が安く上がる..とのことでした。
近年は、異常気象の影響で、夏場は部屋の中にいても熱中症になってしまうような状況が考えられます。なので、エアコンの無い生活はとても考えられないと思ったのです。ですが..
「エアコンなしで生活するという意味では無く、大家さんのエアコンを使わないだけ」
と言っていました。彼が言いたいのはエアコンが設置されていない部屋を契約して、自分でエアコンを買って設置するということ。
なんか、自分で設置するとなると結構な手間なように思えますが、1年分の家賃の差額でエアコンは買えてしまうのです。賢い選択ではありますが、部屋を退去するときにはエアコンを外す必要があります。
そこも聞いたところ、大家さんによってはつけたまま退去しても良いと考える方もいるようなので、そのあたりは後で考えることにしようと思ったのです。





新しい暮らしを始める前に確認して欲しい点がコチラ!


私は何度も東京市内で引っ越しを経験しています。
移動する理由に生活における問題点が暮らしていてわかるというパターンが多いです。
もし、これから引っ越し先を探すという人は参考にしていただけると幸いです。
まず最初に考えていただきたいのが生活パターンです。
あなたは通勤、通学手段はなんですか。
車の場合、駐車場は止めやすい方が毎日のストレスは少ないですし、駐車場は地下など屋根があるとさらに良いです。なぜなら冬場凍らないからです。
バスや電車などの場合は停留所や駅が近いに越したことはありません。少し余裕が出ますよね。
自転車の場合は平地でしたら問題は少ないのですが、目的地までに坂が多いと、骨が折れますので引っ越したくなります。一度下見してもいいでしょう。
次に考えてもらいたいのが、部屋の構造です。
音の響きはどうですか。
家族連れの多いところなら騒音もお互い様かもしれませんが、小さなお子さんのいる家庭が単身ばかりの賃貸住宅に行くとしたら騒音は何か言われるかもしれませんね。
そんなことのないように隣の音が気にならないかも重要です。
鉄筋コンクリートだと音が伝わりにくいと思われます。
さらに日当たり、風通しも重要です。
日本は湿気の多い風土ですのでカビが発生し、健康にも良くないです。
このようにいろいろな点に気を付け、より良い物件を焦らずに決めることをお勧めします。

防音室は憧れでした



私は、3歳の頃から、親が「ピアノ教室」に通わせてくれて、地元短大の音楽科に進ませて貰ったのでピアノとの付き合いは長いです。音楽科を出てから、それ系の仕事についたわけでは無く今はほとんど「弾く」という事をしなくなりましたが。小学生の高学年ぐらいになると、才能のある子は、音楽大学進学を考えて、かなりの時間を「練習」に費やすようになります。

楽器の音というのは、好きな人には苦にならないけれど、体調が悪かったり、あまり興味の無い人には「騒音」になります。勿論、ピアノ教室は「防音室」でなければ経営出来ないと思います。よほどの「田舎の一軒家」でない限りは。私は、中学生くらいになり、「人への音の被害を気にせずに思いっきり練習していみたい」と思っていましたが、それは叶いませんでした。普通に習っている程度であれば、あえて「防音」を意識しなくても良いかもしれませんが、専門学校なり音楽大学なりに進むことを考え始めると、練習時間が一日に5、6時間というような世界になっていくので出来れば「防音室」があれば最高の練習条件だとは思います。

そんな恵まれた環境を得られるのはごく一部の人たちです。当時、悩んで「防音マット」なる敷物が販売されていると調べたりしたものです。我が家の場合は、防寒の為に二重窓にしたのですが、その窓に防音効果があり、少しばかりほっとしました。音楽大学には必ず「ボックス」といって、小さな防音室がアパートみたいにカラカラと並んでいます。音大ならでわの光景ですが、その「ボックス」もまさか全員ぶんあるわけでは無いので皆、予約カードに書き込むシステムでした。東京の有名音大などになると、進学する時に「防音マンション」みたいな音大生用の部屋を借りる人も多いそうです。「防音室」というと、「憧れたな~」と懐かしく思い出します。


賃貸探しでお困りごとありませんか?【タウンハウジング】では新越谷の様々な賃貸を取り扱っています!きっとあなたにピッタリなお部屋が見つかりますよ!

HEADLINE

会議中

カラスによる住まいの被害

最近は家に居てもある動物の被害を受けており、困っています。今日も、近くの電柱の高い場所から、軽蔑を込めた冷たい目で見降ろしている姿を偶然目撃しました。「カラス」です。黒一色の姿で人間を警戒しているのに、いろんな悪事を働くので近所の人間は困っています。まずは、生ごみのゴミ袋を突いて、食べ物を漁る…

RECENT POSTS

会議室

不動産会社の選び方

今はインターネットで簡単に物件の情報が検索できる。また不動産会社の口コミ等も見ることができるので自分好みの不動産会社を探すことができるのではないだろうか。でも、やはり…

Read More
通勤

一軒家とマンション

現在、日本では一軒家とマンションはどちらが多いのだろうか。雪国での暮らしは雪かきがあるので、それを大変と感じる人はマンションに住むとそれは解消されるのではないだろうか。…

Read More

NEW ARTICLE